しいなえいひアメリカツアーレポート「ダラス編その1」いざ!レッドカーペット!!


ニューヨークでの熱き夜を終え、
早朝のホテルを出て、空港へ向かう。
今日はいよいよダラスに飛び立つ日。

昨晩までの様々な出来事を振り返りながら、
飛行機は4時間ほどで無事ダラスに着いた。
空港に着く前に、空から見えた風景は、果てしない大地だった。

ちょっと見たことのない風景。
高い建物に彩られた街並みがどこにもない。
ただただ果てしなく広がる大地。
アメリカは広いんだな、世界は広いんだな、
延々と続く景色を眺めながら、あたしはしみじみとそう思った。

無事飛行機は降り立ち、
あたしたちはさっそく、会場のシェラトンホテルへむかう。
今日から三日間、この場所で熱きイベントが開催されるのだ。

ホテルに着くと、あたしはさっそくシャワーを浴び、
夕方から始まるイベントの開催に向けて準備した。

シャワーから上がり、今日の衣装を選ぶ。
今日はこれから、レッドカーペットを歩くのだ。

会場の雰囲気に合わせて、直前に衣装は選ぼうと思っていた。
日本から持ってきた衣装、全部で12点。

最初に手にしたドレスは、コムデギャルソンのワンピース。
黒一色だけど、型と首元とスカートの部分が
それぞれ違う素材でできていて、
光が当たると透けているところとアシンメトリーになっているところが
それぞれ雰囲気を変える仕組みになっている。

この黒いワンピースに、
カーペットと同じ赤いタイツを履いて、黒いピンヒールを履こう。
口紅はもちろん、
クリスチャンディオールの「レッドカーペット」で!
(ほんとにその名前が付いてます)


どう?!いんじゃない?!

なんて思って鏡の前に立ってみたのですが。

なんだか・・・
ちょっと何かが足りない・・気が?

いやいやドレスのデザインは素敵なんです。
この和と洋の中間?あたしのまさに記号となるところですよ。
いいんではないでしょうか!

けどなんていうのかな・・・
ロックさが、もっと欲しい気がするんやけどどう!!!
今日はそんな気分!!だ!!(いつもじゃなくて?)

そしてしいなさんは決心した。
やっぱりこれでいこうと。
なんてったって、唯一の日本からのゲスト、
世界の西村監督&しいなえいひですから!!

いや・・ほんとはちょっと、
パンダーマンも思ったんですけどね。
あれもあれで、アジアロックですからね。
けれども今日は、レセプションの初日・・
いろいろ考えて、あえなくパンダは次回に持ち越しとなりました。
(でも絶対いつかやってやるから)

東京残酷警察で着た、赤と紫の着物。
黒いショートパンツに黒レースのニーハイソックス。
ショッキングピンクのヒールに、
口紅はアナスイの紫がかったピンクで決まり!

そしてあたしはレッドカーペットに立った。
インタビューもフラッシュも、とても眩しかった。



レッドカーペット




レッドカーペット2



カーペットを歩く西村さんを見守るあたしの後ろ姿が写りこんで・・
心配そうに・・・緊張している西村さんを見守る姿はまるで娘のよう。

このあとふたりで、レッドカーペットを歩きながら、
たくさんのインタビューに答えました。
今の日本への関心は、いろいろな意味で高まっています。
少しでも元気にブイブイ言わせてる姿を、世界のみなさんにお届けせねば!

なんて気持ちを熱く胸に抱きながら、ド派手な着物でぶいぶいと歩くしいなさん。

ひとずつインタビューを受けながら歩いていると、
とあるアメリカのテレビ番組のインタビュアーの人に西村さんが

「あなたにとって、しいなえいひはミューズですか?
 一番好きな女優ですよね?」

と、熱く聞かれて、
西村さんは大きな声で「イエス!」と答えていてびっくりした。

多分レッドカーペットで、西村さんは思ってもいないことを言ったと思う。
レッドカーペットだけに、出血大サービスってやつ?

ありがとう西村さん、ちかっぱサービスしてくれて。
そんな感謝の気持ちを胸に、
こうして熱きイベントの初日は、幕を開けたのでした。

次回に続く・・・・