英姫!一周年おめでとう!!

補完計画という場所を作ってくれてありがとう!!
今は、英姫と離れた場所で生活している私にとって、
補完計画は憩いの場所です。

英姫と近くで生活していた頃は、とっても頻繁に会えて、
会う度に元気をもらい、いつも英姫に支えられてきた私なので、
補完計画という英姫に会える場所があることは、
とっても幸せなことです。
この場をお借りして、英姫に告白します!
(直接伝えるのは恥ずかしすぎるので、
公の場というどさくさに紛れて失礼します)

英姫に初めて会ったと時、一目惚れしました。
こんなに可愛くて綺麗な子がいるのかと・・・。
繊細ではかなそうで、守ってあげたい!と・・・。

でも、その後の付き合いの中で、実際に守られてきたのは私でしたね。
英姫と一緒にいると居心地がよくていつも甘えてばかりで、
本当にごめんね。
そして、本当にありがとう!!
頼りない私ですが、英姫のために何かできることがあればなんでもするよ!
いつか私にも甘えてもらえるように私も成長しなくては!

これからも、補完計画で英姫に会えるのを楽しみにしてるよ。
忙しい日々だと思うけど、ご飯をたくさん食べて体調に気をつけてね。

nanae
奈々枝、ありがとう!
連絡もめったによこさないし、いっつも奈々枝に心配かけてばかりの不良なあたしには、
分不相応なくらいで、マジにもったいないオバケ出そうな言葉達だよ(笑)

以前のメールで、奈々枝が補完計画をいつも楽しみに訪れてくれてることを知って、
あたしとてもうれしかったよ。
パンダーマンとか、馬鹿馬鹿しいアホなこともいっぱいやってるけど、
大丈夫?お気に召してるかしら?(笑)

奈々枝とはあたしがまだ学生やりながら東京通ってた18歳の頃、
雑誌の撮影が一緒になって、初めて会ったんだよね。
確か、NAOKIさんのとの撮影じゃなかったかな?
おお・・・補完計画つながり?(笑)

あの時の事、あたしもよく覚えてるよ。
奈々枝って言ったら、あの頃すでに大活躍してたモデルさんでさ、
まだ経験も浅かったあたしにしたら、あれでも結構緊張してたんだよ(笑)

奈々枝が初対面のあたしに、そんな風に思ってくれてたなんて初めて知ったけど(笑)
あたしも奈々枝と初めて会った時さ、
綺麗な子だなって思ったのはもちろんなんだけど、
もう二秒で「この人は絶対、優しくてあったかい人」
って、直感でわかったもんね。
パンダだからさ、動物の勘ってやつ?(笑)
あったかくて、優しくて純粋でさ、あの時感じた奈々枝の印象は、
今と全く変わらない、あたしの奈々枝への、普遍的なイメージなんだ。
あたしも奈々枝の真似して、ここで告白やね(笑)

東京に住んでた時は、それこそ毎日のように会ってたよね。
奈々枝が自転車でうちにやってきてさ、
お昼ごはんだけ食べて仕事行ったりしてさ(笑)
朝までいろんなこと語り合って、いつも仲間たちと、家族みたいに過ごしたよね。
全てが、大切なあたしの宝物だよ。

奈々枝は優しくて、時に優しすぎるから、
その優しさに甘えまくる奴に、時に傷つけられることもあったりして、
あたしからしたら、
「奈々枝みたいなこんないい子を悲しませる奴はあたしが許さないよ!」
みたいにさ、リアルパンダーマンじゃないけど、
あたしマジでそいつシメてやろうかって気持ちになってさ、
実際にシメてやったくらいの勢いな、そんなこともあったよね(笑)
はははっ。もう時効だよね?このネタ(笑)

そんなどうしようもなくヤンキーな男らしいあたしを、
優しく見守り、友人で居てくれた奈々枝は、
ずっとあたしの心のオアシスだったよ。

あたしが東京を離れる最後の夜にさ、
駅でさよなら言った時、奈々枝が泣いてたの見て、
割とそっけない感じで「じゃ!」とか言って別れたよね。

あたし、あの事をずっと気にしててさ、今まで言えなかったけど、
あの時、あたしも泣きそうだったからあんな風にそっけなくなっちゃったよ。
ごめんね。今まで言えなくて。

あたし奈々枝の事大好きだよ。
今までも、これからも、ずっと。
あたしはどこに居ても、たとえ離れてて顔が見れなくてもさ、
奈々枝がその花のような笑顔でずっと笑ってられるように、
あたしはいつだって願ってるよ。本当だよ。

何かあったら、またパンダーマンが悪い奴をシメにいくからさ!
いつまでもそうやって笑っててよね。約束だよ。

えいひ